株式会社大紀アルミニウム工業所RECRUITING SITE

ENTRY

Our job

職種紹介

01研究開発職

研究開発職では、アルミニウムの成分分析を行う技術サービス業務と
新たなアルミニウム合金の開発を行う開発業務が主な仕事となります。

技術サービス業務

アルミニウムの成分分析を行います。

当社の営業担当者やアルミニウムを供給している企業様から、調査依頼のあったアルミニウムを、いろいろな分析機や顕微鏡や当社独自で開発した測定機などを用いて調査し、 写真や分析結果を載せ、依頼内容に対する回答を報告書に記載します。分析には長いもので1週間ほどかかり、A4サイズで5、6ページ分の文書になることもあります。
調査依頼の内容は、成分調査、強度試験、硬さ試験、アルミニウムの洗浄度試験、またお客様で発生した不良品の発生原因の調査、および対策のアドバイスなど多岐にわたります。

開発業務

新たなアルミニウム合金の開発を行います。

ひとことでアルミニウムと言っても、その種類によってはさまざまな特性をもっています。その特性を生かし、自動車メーカーのお客様のご要望や、市場ニーズを見極め課題を設定し、新製品の開発を行います。 例えば、衝突時の衝撃を吸収できるようボディには柔らかいもの、フレームには腐食に強いものなど、自動車1台に何種類ものアルミ製部品が使われております。
成分を調整しながら試作を繰り返し、強度、硬度、耐食性、熱伝導性、電気伝導性などの諸条件を試し、新たな合金を生み出します。

02生産技術職

主な業務は、自社工場の改善、新設です。
国内各拠点の操業データを計測・燃料効率や生産性などを詳しく分析し、課題を洗い出し生産環境の改善・設備の改良を行います。
工場新設の場合は土地の選定から携わり、用地取得や建物設計、設備計画、工程管理などをおこない、建設業者と連携した進行管理など、工場が出来上がるまでの一連の流れを監督します。海外工場の新設に携わる可能性もあります。

03製造管理職

各工場では成分管理された原料を炉に投入し、アルミニウム二次合金を鋳造しております。
その生産工程を現場で監督する役割です。現場スタッフのマネジメント、生産設備に不具合が生じた場合、生産技術担当者と連携して修理や設備の入替を実施します。製造管理の仕事は、 現場にある機械の修理・保全だけでなく、設備更新の計画や、補助金の需給を申請するための関係省庁への届出、ISOの業務など非常に多岐にわたります。
入社後は、設備の名称や工具の名称・修理方法などを、上司や先輩社員に同行し基礎から少しずつ学んでいただきます。